スマートナチュラル・ドットライフ 《SmartNatural.Life》

丁寧でからだにやさしいこと(Natural)と効率的で便利なこと(Smart)を両立させたい自然派ワーキングマザーのライフハックブログです。二人娘を放牧育児中 & ただいま第三子妊娠中。

妊娠・授乳中の貧血対策にも。生臭くない《鶏レバーとエリンギの佃煮風》

f:id:ryokoueda:20180910154804j:plain

 

小学生の頃から、上は80~90・下は40~50の低血圧。非妊娠時の値はよく覚えていないけど、妊婦健診時の血液検査の結果、ヘモグロビン値は標準値の下限を余裕で下回ること多し。お陰で次女出産時からお世話になっている助産師さんには《ド貧血》呼ばわりされている私……。

長女を出産した横浜の助産院でははあまり何も言われなかったけど、次女出産時は鉄サプリの摂取をめちゃちゃ強く勧められました。のらりくらり飲んだり飲まなかったりの生活をしつつも、次女は元気いっぱいに産まれたし、産後の回復も早かった。


だから三回目となる今回も、心配する助産師さんを横目に「別にド貧血でも大丈夫でしょ~」と、たかをくくってたんですよね。




なんだけど、これまでとは明らかに違う「疲れやすさ」に戸惑うことが多かったこの夏。 酷い暑さや加齢によるものかもしれないけれど、とにかくシンドイ……!

どうしたものやら、と思った時に頭に浮かんだのは「これは鉄分不足が一因かもしれない」ということ。


鉄欠乏性貧血の主症状は倦怠感や疲労感。助産師さんにはどうせ心配されているし、栄養は出来ればサプリではなく食事で摂りたいし、いっちょ本気で鉄分補給食考えるか!と、これまで一度も買ったことがなかった鶏レバーを使って惣菜を作るようになりました。

続きを読む

あの《みをつくし料理帖》が帰ってきた……! 登場人物のその後の物語《特別巻・花だより》

f:id:ryokoueda:20180912161025j:plain

 

このブログを書き始めた時から、そのうち絶対に熱く語りたい!!と思っていた作品、髙田郁さんの時代小説《みをつくし料理帖》のこと。累計部数330万部を超える人気作品ですし、二度もドラマ化しているのでご存知の方も多いかと思います。

本編は第一巻の《八朔の雪》から第十巻の《天の梯(そらのかけはし)》まで。番外編として、《みをつくし献立帖》というカラー写真入りのレシピ本1冊が刊行されています。


2014年8月に《天の梯》が発売されて本編が完結してからも、そのあとがきにあった「いつか主人公たちのその後の話をまとめた特別巻が出せたら……」という髙田さんの言葉に期待していたファンは多かったはず!

その、待ちに待った特別巻《花だより》が、満を持して9月8日に発売されたのです……!!(涙)

続きを読む

追記あり:《実体験》大型台風直撃時に起きたこと、備えたこと、そこから学んだこと。

f:id:ryokoueda:20180618152200j:plain


「最強台風」と呼ばれた台風21号、またしても西日本に被害をもたらしましたね……。6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨に続く大災害。北摂エリア在住の私が今回何を備え、何を学んだか。忘れないうちに、記事にまとめておきたいと思います。

続きを読む

カラダを楽しく学ぶ♪ 体内擬人化漫画《はたらく細胞》が、今アツい……!!

f:id:ryokoueda:20180903123705j:plain

 

もう一年以上前から友人に猛プッシュされていた漫画《はたらく細胞》に、今更ながらどハマリしております……!

《はたらく細胞》とは、清水茜さん著のコミックシリーズ。「赤血球の女の子」を主人公に、想い人??である「白血球の男の子」や、同じ体内で働く血小板・キラーT細胞・マクロファージなどのキャラクターが活躍する《体内の細胞を擬人化した漫画》なのです^^

続きを読む

医師のいない助産院で、自分のチカラで子どもを産むということ

f:id:ryokoueda:20180826105601j:plain

(2014.05 長女生後8ヶ月ころ)

 

今日から妊娠6ヶ月に入りました。胎動もちょこちょこ感じられるようになり、あーー今妊娠してるんだなぁ……と思うことも増えました^^


長女は横浜の助産院で、次女は今の自宅から徒歩圏内にある大阪の助産院で産んだ私。三回目となる今回も、前回と同じ助産院での出産を予定しています。

自然なお産がしたい!という人にとってはポピュラーですが、一般的にはあまり選択されない助産院。今お世話になってる助産師さんいわく、「助産院で扱われるお産の数は年々減っている」そう……。2013年の厚生労働省のデータによると、助産院での出産件数は全体のたった1%でしかありません。


助産院で産んで良かった!!と心から思っている私としては、あまり知られていない助産院の良さをもっとたくさんの人に知ってもらいたい。なので今日は助産院ってどんなところ? 普通の産科と何が違うの?を、つらつら書いてみたいと思います。

続きを読む

「格安SIMってよくわからない……」人に捧ぐ、私の《LINEモバイル乗り換え録 ②》手続き・実態編

f:id:ryokoueda:20180804095949j:plain


ほんの数ヶ月前までさっぱり格安SIMを理解していなかった私が、思い立ってソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えたのは先月のこと。その乗り換え記録を記事にまとめています。

 

まずは予備知識編として

  • そもそも格安SIMって、なんだ?
  • 格安SIMのメリットとデメリット
  • なぜLINEモバイルを選んだのか?

を、「格安SIMってよくわからない……」人に捧ぐ、私の《LINEモバイル乗り換え録 ①》予備知識編に書きました。

後編の今回は、乗り換えるにあたってどんな手続きをしたのか、実際に使ってみてどうだったのかをまとめていきますね。

続きを読む

高齢出産 & 平日ワンオペ育児でも、三児の母は務まるか……?

f:id:ryokoueda:20180820155726j:plain

 

お盆休みも明けて、今日から通常運転再開です。娘たちも10日ぶりに、元気に登園していきました^^

このブログを立ち上げた当初から、自分の妊娠・出産のことをいずれ記事にしたいなーとは思っていましたが、次女といえど今年でもう3歳! 三年前の記憶はあれこれおぼろげだし、若干今更感もある……。


そんな風に思っていた矢先に、第三子を授かることができました。現在妊娠5ヶ月、《平成最後の年》の1月中旬に出産予定です。家族が増える喜びはもちろんですが、ああこれでリアルタイムな妊娠・出産記事が書ける!と思ったのは、ブロガーならではの世間ズレした思考回路なのでしょう(笑)


実際に、三度目の妊婦生活が始まってから「ああそういえば、こんなこともあったな……」と思い出すことはとても多く、いかに妊娠が《非日常で特異な出来事》なのかを改めて感じています。

 

続きを読む

足るを知り《自分のため》から、地域や環境など《一歩外側のこと》に意識を向ける

f:id:ryokoueda:20180814131832j:plain


お盆休み真っ只中 & 今日は終戦記念日ですね。私は今、夫の故郷・飛騨高山に帰省中です^^

月曜は家族でお墓参りに行って、4歳の長女にご先祖さまって何なのか、お墓参りはなぜ大事なことなのか……などを話して聞かせました。どこまで理解したかはわかりませんけど(笑)。


普段そこまで亡くなった人を想うことはありませんが、お盆や終戦記念日が近くなると自然と意識が広がります。それと同時に、最近私自身よく考えること、親しい友人達とよく話題にすることについて、今日は書くことにします。

続きを読む

よりミニマルなレシピのために、料理の基本を学び直そうと思う。

f:id:ryokoueda:20180802164840j:plain


つい一週間ほど前にアップした《昆布酒》の記事。あのレシピは大人気オーガニック料理教室・白崎茶会主宰の白崎裕子先生の著書で知ったものでした。


今日はここからめっちゃ個人的な話が続きますので、ご興味のある方だけお付き合いくださいね(笑)。

続きを読む

「格安SIMってよくわからない……」人に捧ぐ、私の《LINEモバイル乗り換え録 ①》予備知識編

f:id:ryokoueda:20180804100834p:plain

昨秋辺りから、ずっと気になっていた「格安SIM」。言葉はよく目にするけれど、ちょっと調べたくらいじゃよくわからないし、安い分きっと何かデメリットがあるんだろうな……くらいに捉えておりました。

私達家族は夫の故郷・飛騨高山によく帰省します。田舎は電波が入りにくいからドコモ率が高い……なんて噂を耳にするくらいなので、格安SIMに変えたら電波が心配だな〜と思ってたりもしたんですよね。今思えば、単なる無知なんですけど(笑)。


そんな状況から、乗り換えた友人に直接話を聞いたりして、俄然乗り気になったのが今年の春頃。更にミニマリストしぶさんの本の中でも格安SIMのことを知ったりして、ついに腰を上げて調べ始めました!
 


今日はそんな私が、ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えたその記録記事です。結構なボリュームになりそうなので、前編と後編に分けて書きますね。

続きを読む