スマートナチュラル・ドットライフ 《SmartNatural.Life》

丁寧でからだにやさしいこと(Natural)と効率的で便利なこと(Smart)を両立させたい自然派ワーキングマザーのライフハックブログです。

煮汁、茹で汁、絞り汁は宝物! 捨てずに賢くリユースしませんか?

f:id:ryokoueda:20180524140010j:plain

 

日々料理をしていると、なにかと「汁」が残ります。例えば…… 

  • 煮魚や煮物を作ったあとに残った煮汁
  • なすやきゅうりを塩もみしたときの絞り汁
  • 味卵を作ったときの漬け汁
  • 大根おろしを水切りしたあとの汁
  • ブロッコリーを蒸し茹でしたあとの茹で汁
  • 乾物や干し野菜を水戻しした戻し汁

たぶんこれは、ほんの一例。以前はそのまま捨ててしまっていましたが、これってすごーーくもったいない! 残り汁を構成しているのは、食材の旨みや栄養素、選りすぐりの無添加の調味料です。


野菜の塩もみや下茹でにはアク抜きの役割もありますが、マクロビオティックでは「皮もアクもすべて食べる」ことを良しと考えますし(一物全体)、そもそも市販の野菜には、山野草のような強いアクはありません。シュウ酸を特に多く含むほうれん草以外は、茹で汁だって立派な「野菜ダシ」です。

 
これらをうまく活用できたら気持ちがいいのになーと思って、あれこれ試して私が行き着いたのがこの2つ。

  • 塩や野菜の旨みのみの「あっさり残り汁」
    →味噌汁鍋にイン!
  • 醤油やみりんなどで味のついた「こってり残り汁」
    →おからや高野豆腐を炊く!


至ってシンプルですが、この2パターンでほぼ使い切れます。残り汁をベースに、味をみながら水や調味料を適宜足していく感じです。

おでんだしで炊いたおからとか、水炊きのだしで作った味噌汁とか、普通に作るよりむしろ贅沢な味わい。今ではこのリユースが楽しみで、わざと水分多めに作ることもあるくらいです(笑)。

f:id:ryokoueda:20180524140009j:plain


残り汁を気持ちよくリユースするために「ひと手間」かけたければ、

  • 火を通していない残り汁は、どこかの過程で一度しっかり煮立たせる
  • 野菜くずや魚の小骨などが残っていれば、茶こしやザルで一度濾す
  • 肉や魚の脂っぽさが気になる残り汁は、一度冷蔵庫で冷やし、脂を浮かして固めて取り除く

などがおすすめです。


おからや高野豆腐は、残り汁をぐんぐん飲み込んでふっくら煮あがって、娘たちの大好物になりますし、味噌汁にはどんな野菜の旨みも受け容れてくれるだけの包容力があるんですよね^^

 

私はこのリユースのために、おからを冷凍庫に常備しています。ジッパー袋に平らに伸ばして入れておくと、使う分だけ割ったり切ったりするのも楽ちんです。

f:id:ryokoueda:20180524155507j:plain


ちなみにこの袋はIKEAのMATBODという、脱気ができるタイプのジッパー袋です。国内メーカーからも類似品が出てますね。ひと手間増えますが、食材に霜がつかず味が落ちにくいのでおすすめです。

市販の調味料には「チキンエキス」や「野菜エキス」なんかが入っていますが、残り汁は天然エキスの宝庫!! 自家製の、手の込んだ「めんつゆ」や「だし醤油」だと思えば、使い方は無限大ではないでしょうか。


……「残り汁」って言葉の響きがいまいちかしら? 「残り汁」とかにしてみようかな(笑)



▼リユースその1:お米のとぎ汁や米ぬかはマルチに活躍します  ▼リユースその2:天然だしパックのだしガラはふりかけに▼リユースその3:分離した豆乳ヨーグルトはこう使う

当ブログ管理人・上田涼子ってこんな人^^

【生活術・ライフハック】でランキングに参加しています!
ワンクリックで応援していただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

スローライフは楽じゃない。でもやっぱりとても魅力的だ《リトル・フォレスト》

f:id:ryokoueda:20180521130150j:plain

 

ひょんなことから知った、この《リトル・フォレスト》という漫画。主人公のいち子が、岩手県の小さな集落・小森(Little Forest)で自給自足のスローライフを送る様子を描いた、全二巻の作品です。

著者・五十嵐大介さんの絵はかなりラフなタッチだけど、ご自身も田舎暮らしの経験があるそうで、描写はとても力強く、リアル。田畑で作物を育て収穫したり、アイガモを解体したり、山菜や木の実で保存食を作ったり……。ところどころレシピも載っていて、食いしん坊にはたまりません。

f:id:ryokoueda:20180521130156j:plain

スローライフって、ある意味「生きるために暮らす」こと。決して楽ではないけれど、自然の恵みも厳しさも受け容れて、初めてたどり着く旨さや心地よさってものは、代えがたいものがあるのだろうなぁ……と、自給自足にはほど遠い暮らしをしている私は、作品を通して想像するしかありません。


特に深く刺さったのが、主人公の友人・ユウ太が言った、こんな台詞。

なんか小森とあっちじゃ話されてるコトバが違うんだよ
方言とかそういうことじゃなくて

自分自身の体でさ実際にやった事と
その中で自分が感じた事 考えた事
自分の責任で話せる事ってそれだけだろう?
そういう事をたくさん持ってる人を尊敬するだろ
信用もする

なにもした事がないくせに
なんでも知ってるつもりで
他人が作ったものを右から左に移してるだけの人間ほどいばってる
薄っぺらな人間のカラッポな言葉をきかされるのにウンザリした

(リトル・フォレスト 1巻 P122-123 より引用)


私は街に住んでいるし、どちらかと言うと「他人が作ったものを右から左に移してるだけの人間」に近い位置にいる。でもだからこそ、例えママゴトのようであっても、自分の手で野菜を干したり、発酵食を作ったりすることに「確かさ」を見出してるのかもしれない。


二巻で完結してしまっているのが名残惜しくもあるけど、毎年繰り返す営みが多いからこそ、これくらいのボリュームで収まってしまうのかな(笑)。

 


ちなみにこの作品は2014年に映画化もされています。Amazonプライム会員だと、プライム・ビデオで無料で見られるので、早速観てみました。



夏・秋編と冬・春編でそれぞれ二時間ずつ。淡々としたドキュメンタリーのようでもあるのだけど、四季折々の風景の映像が、とにかくとても美しい。主演の橋本愛さんからも、まっすぐなんだけど不器用な主人公・いち子のキャラクターがよく伝わってきて、とてもいい仕上がりの作品でした。

桐島かれんさん演じる、いち子の気まぐれな母親もイイ味だしてたしなぁ……。

 

私は梨木香歩さんの《西の魔女が死んだ》や、有川浩さんの《植物図鑑》のような【植物が身近にある暮らし】を描いた作品がすごく好きなのですが、このリトル・フォレストも、まさにそのど真ん中。
そういえばこの三作品、どれも映画化してるなぁ……。

ドタバタと疲れたときや、最近自然に触れられてないなーなんてときに、思わず見返してしまいそう。そしてその度に、お腹が空くに違いない(笑)。



そういえばつい先日、たまたまこんなツイートを目にしました。

 全然知らない方の言葉なのだけど、なんだか妙に納得……。


草木の名前を知っていることだけが豊かさだとは思わないけど、【豊かさとは、身近な自然に興味や感謝を感じられること】と解釈するなら、確かに一理あるなと思うのです。


知らない草を「雑草」と十把ひとからげに思っているうちは、それまで。でもひとたびその草の名前を知り、更に美味しくいただけたりすると「気づいていなかっただけで、私の周りはとても豊かだったんだな……」という気持ちがしみじみ湧いてくるのです。


f:id:ryokoueda:20180522111920j:plain


私も山野草の魅力にハマって、まだほんの少し。来月また少しだけ飛騨高山の義実家に帰省できそうだから、足を伸ばして初夏の味を山に探しに行ってみようかな……。


スローライフや田舎暮らしに憧れがある人は、ぜひ《リトル・フォレスト》を読んで・観てみてください。豊かさって何だろう……そんな問いが、ふと胸に浮かぶかもしれません^^

 

 

▼ゴールデンウィークは 野草をたくさん楽しみました。

当ブログ管理人・上田涼子ってこんな人^^

【生活術・ライフハック】でランキングに参加しています!
ワンクリックで応援していただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

水切り豆乳ヨーグルトと、ホエイを使ったお楽しみ

f:id:ryokoueda:20180517120041j:plain


ここ最近一番人気だった、ニホンミツバチのはちみつの記事。この記事の中で紹介した前田京子さんの《はちみつ日和》に載っていた、「はちみつ入りレアチーズケーキ」のレシピを、初めて作ってみました。

150gのヨーグルトに、大さじ1杯のはちみつと刻んだレーズンなどを混ぜ、それをコーヒーフィルターで濾す……というだけのとてもシンプルなレシピなんだけど、いやーーこれ、よく出来てる!そして美味しい!!

ちなみにこの「150gのヨーグルト」が、一人分のコーヒーフィルターにすりきれいっぱいになる分量。これ以上の量を一度に作りたい場合は、ザルにキッチンペーパーを敷いて試すと良さそうです。


私もよく自家製豆乳ヨーグルトを《カッテージチーズ状の水切りヨーグルト》と《ホエイ(乳清、液体部分)》に分けて使うんですが、何かを混ぜ込んでから水切りするっていう発想はなかったな、って。

確かに水を切る前の方が副材料を混ぜ込みやすいし、一晩水切りしている間に発酵も少し進んで、より「レアチーズケーキっぽい食感」になるんですよね。

f:id:ryokoueda:20180517120038j:plain


コーヒーフィルターを逆さまにしてぽこっと器に出すので、形は毎回こんな感じ(笑)。ヨーグルトとは思えないほど、濃厚な味わいでデザートにぴったり。そしてレーズンがとてもいいアクセントになってます^^


今までの私の使い方としては

【水切り豆乳ヨーグルト】

  • 塩とオリーブオイルを混ぜて、バター代わりにパンやクラッカーに塗る
  • 酢と塩コショウを混ぜて、マヨネーズ風に
  • レーズン、ココナッツオイル、はちみつを混ぜ、冷やし固めてレーズンバター風に


【ホエイ】

  • グリセリン(またははちみつ)を少量混ぜ、水で倍に薄めて化粧水に
  • 塩を混ぜたものを野菜に揉み込み、乳酸発酵の漬け物に

あたりが定番でした。


ホエイの化粧水は、はちみつを使うと少しベタつきやすくて、グリセリンを使う方が多かったんですよね。でもこの「はちみつを混ぜた後に、コーヒーフィルターで濾す」方法で出来たホエイなら、ちょっと使い心地が違うかも……?

今使っている麹化粧水がなくなったら、このはちみつ入りホエイの化粧水、試してみなくちゃ^^


今朝手に入れたばかりのホエイは、早速きゅうりの漬け物作りに使いました。

f:id:ryokoueda:20180517120035j:plain


手順は簡単。ホエイに「舐めるとややしょっぱい」くらいの量の塩を混ぜて、ポリ袋にきゅうりと一緒に入れておくだけ。袋の空気を抜いておくと、きゅうりがまんべんなくホエイに漬かりやすくなります。

野菜の切り方や保存方法によって、食べごろを調整できるのも、自家製のいいところ!

【数時間〜半日で食べたいとき】

  • 野菜を食べる大きさに切っておく
  • 漬け込んだ後のポリ袋を常温放置
  • 食べる15〜20分前に冷凍庫にイン!
    (ステンレスボウルを受け皿にしておくと冷えやすい)


【2,3日後に食べたいとき】

  • 野菜を大きいままポリ袋に
    (きゅうりならまるごと、にんじんなら縦四つ割など)
  • 最初から冷蔵庫に入れて、ゆっくり乳酸発酵させる
  • 食べる時に取り出してカットする


今日は午前中にきゅうりを漬け込んで常温で置いておいたのですが、お昼には爽やかな浅漬けになってました^^ もうちょっと時間が経って乳酸発酵が進めば、酸味が出てきてそれはそれでとっても美味しい! はちみつ入りのホエイで作る漬け物は、やさしい甘みがあって子どもも喜びそうです。


日本の漬け物と言えば「ぬか漬け」ですが、私はメンテナンスの必要頻度が高いぬか床を維持するのに、どーにも向いていなくて……。このホエイで作る漬け物や、米のとぎ汁で作る水キムチなんかが、手軽で性に合ってるみたい(笑)。


一気に気温があがって、菌活しやすい季節になりました! 器具や容器の熱湯消毒など、気をつけるべきところは気をつけつつ、手作り発酵食を楽しむぞ♡


 

日本の在来種であるニホンミツバチのはちみつについて

自家製豆乳ヨーグルトは我が家の定番デザートです♡

当ブログ管理人・上田涼子ってこんな人^^

【生活術・ライフハック】でランキングに参加しています!
ワンクリックで応援していただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ

レジかごサイズのエコバッグで、ストレスフリー&時短なお買い物♪

f:id:ryokoueda:20180516095754j:plain


いきなりですが、時間の有効活用のため、私は平日まったくスーパーに行きません。週末に出張族の夫が帰ってきたら、娘たちを連れて家族でスーパーに行き、そこで半分くらいの食材を買い込みます。あとは週に一度オルターの宅配を活用すれば、それで十分。

スーパーに行くのを「週末のみのお楽しみ」にすることで、親子ともに行くこと自体が娯楽&気分転換になっています^^

ストレスフリー&時短になる「レジかごバッグ」

週末に家族でスーパーへ行ったとき、とても快適なのがこの「レジかごサイズのエコバッグ」。エコバッグ自体は、ノベルティや付録でいつの間にか家にあったりもしますが、このレジかごサイズのものは「わざわざ」探さないと、あまりお目にかからないんじゃないかな……。

4歳と2歳、まだ小さい娘を二人も連れていると、できるだけスマートに済ませたいのがレジ周り。特に混雑している時間帯だと、商品を袋に詰め替える作業台が人で溢れていたり、そうこうしているうちに娘のどちらかがグズりだしたり脱走したり……。


でも、このレジかごサイズのエコバッグがあれば、店員さんに直接エコバッグに商品を入れてもらえるので、あとは紐をきゅっとしめて持ち帰るだけ! これがね、想像以上にストレスフリーで時短になるんですよ^^


よく考えたら、店員さんがわざわざ精算済みカゴに丁寧に入れてくれた商品を、数十秒後にまた自分たちで袋に詰め替えるって、めちゃくちゃ無駄なタスクですよね。重たいものをまず下に入れて、卵には気をつけて、軽いものは最後に上から載せて……って、入れていたものの天地をひっくり返す作業を、二度もするなんて!!


レジかごバッグ、私の選び方

帰省中にお義母さんと一緒に買物にいくと、お義母さん含め「マイかご(マイバスケット)」を持参している人をよく見かけます。車移動が主流の田舎では、特に多いのかもしれません。プラスチック製のかごも機能的には良いのですが、かさばるマイかごは家での置き場所に困るな〜というのが、都会の狭い家に住む私の心境……。


なので私はやっぱり「レジかごサイズのエコバッグ」にしよう!と決めて、ネットで色々探してみました。私が条件として考えていたのは、

  1. シンプルな色とデザイン
  2. 落下防止の巾着式のフタ付き
  3. 肩から掛けられるだけの長い紐

です。レジかごバッグ自体は結構たくさん種類があるんですが、この条件を全て満たしてくれるものは、意外と少なかったんですよね。


まず私好みな【1. シンプルな色とデザイン】、ここからしてもう少ない。水玉とかチェックとか、やけに存在感を主張するものの多いこと! うん、私にとって君は別に主役じゃないから、おとなしくしておいて欲しいんだよ……。

次の【2. 落下防止の巾着式のフタ付き】、これはほとんどのレジかごバッグについているので、そんなに選ぶのに困りませんでした^^ 巾着式だと、少々容量が増えても柔軟に覆ってくれるな、と。

そして最後の【3. 肩から掛けられるだけの長い紐】、これがまた少なかった……! かごいっぱいに買い物すると、結構な重量になりますよね。スーパーの駐車場まではカートが使えますが、問題なのは家に着いてから。駐車場から家に入るまでの区間は、自力で運ぶしかないので、ここで肩掛けがマストになる。特に今は、片手でエコバッグ、片手で小さい娘の手を引く……なんてことも多いので。


この紐の長さは、写真を見ただけではわからない場合もあるので、レビューやクチコミが参考になりました。「見た目はお気に入りですが、肩に掛けるにはちょっと短かくて使いづらいです」なんてお声があれば、即却下!(笑)



そんな精査の結果、「これかな……」とたどり着いたのが、この商品。
 

使い始めて半年ちょっと。今のところ問題なく使えてますが、正直ちょーーっと全体が安っぽい気も(笑)。お値段高くてもいいから、もうちょいしっかりした生地だとなお良いんだけどな……と思っていたら、先ほどこんな商品も見つけました。3月に発売されたばかりのようです。

うん、今から買うなら、きっとこっちだな。今のがダメになったときの第一候補にしておこう……。

レジかごバッグ、もうひとつの使い方

このレジかごバッグ、スーパーに行くとき以外にもうひとつの使い方をしています。それは空のペットボトルの収納場所! 私が住んでいる市では、ペットボトルは回収してもらえません。自主回収に持ち込まないと、単なる可燃ゴミとして処分されてしまうのです。

以前は自主回収を面倒に感じ、可燃ゴミに出すことも多かったのですが、資源になるものを捨てるのはちょっと後ろめたい。でもこのレジかごバッグを買ってから、ここに潰したペットボトルを入れておくようになりました。

 

週末スーパーに行く時に持って出れば、スーパーの入り口に設置されているリサイクルボックスにスムーズに入れられるし、動きにまったく無駄がありません。

f:id:ryokoueda:20180516095805j:plain


ちなみに空のペットボトルを足で踏んで潰すのと、スーパーでリサイクルボックスに投入するのは娘たちの仕事。最近では、キッチンの床にペットボトルを置いておくと、二人がこぞってバキバキ踏んで楽しんでいます^^ 私はそれを回収して、バッグに入れる係です。


2Lのミネラルウォーターと、500mlの炭酸水を毎月Amazonの定期便で箱買いしている我が家。毎週結構なペットボトルのゴミがでるので、このサイクルはとても快適です。これぞまさに「エコなバッグ」……!!

牛乳パックや発泡スチロールトレイが多いご家庭なら、それも一緒に入れておくといいですね。

おわりに

f:id:ryokoueda:20180516095757j:plain

空ペットボトルを溜めていくため、キッチンの隅でこんな風に掛けてあるレジかごバッグ。結局マイかごと同じように家でかさばってる……?と一瞬思いましたが、マイかごだと肩には掛けられません。この選択がやっぱり正解だったなぁと、改めて思います。

日々の小さなストレスを放っておかず、「私、これストレスに感じてるな」「これどうにか解決できないかな」という視点を持つことはとっても大事。その小さな積み重ねが、QOL(生活の質)を左右していきますしね。


レジかごバッグのある買い物の快適さを、ぜひ味わってみてください^^

 


 ▼パソコン作業こそ効率化してストレス軽減させましょう!ドラム式洗濯乾燥機の糸くずフィルター掃除も時短できます^^

▼買い物帰り、家に着く前にエアコンを点けておけば、更に快適! 

この記事を書いた上田涼子のプロフィールも併せてどうぞ^^

シンプルな定番商品で、変化に強い「しなやかな収納」づくりを

人から譲り受け、独身時代からずっと使っていた単機能レンジに、ついにガタが来始めました。新しくオーブンレンジを購入するにあたり、必要になったのがこのスチールラックの組み換えです。

f:id:ryokoueda:20180515130814j:plain

この写真を撮ったのは三年くらい前ですが、長らくこのレイアウトでした。一番下の棚に単機能レンジ(なんと1997年製だった!笑)。そのひとつ上の棚に、デロンギのコンベクションオーブン。

これを両方手放して新しいオーブンレンジを入れるために、スチールラックの棚位置を変更しました。と、言葉で書くのは簡単ですが、これが作業としては結構大変で(笑)。

棚板を動かすには全部モノを降ろさないといけないし、普段目が行き届かないところの汚れが気になって、あちこち掃除せざるを得ない。棚位置を変えるとこれがココに入らなくなるから……これはあっちに収納して、あれを吊り戸棚の中に移動させて……と連続玉突き事故のようにキッチン中の収納を見直す羽目に。


思った以上にオオゴトになってしまいましたが、なんとかその日のうちに概ね収めることができました! 新しいレイアウトはこんな感じです↓

f:id:ryokoueda:20180515123727j:plain

 

定番商品その1:ニトリのカラーボックス用インボックス


大型家電が一台になり体積は減ったものの、これまでのものより背が高いため棚板位置を大幅に変更。それに伴って、一番下の棚はボックスを入れて引き出し式収納にしました。上二段で使っている大きいボックスと同じく、ニトリのカラーボックス用インボックスを使っています。

定番人気商品のこのシリーズ、とっても便利なんですよね^^  

f:id:ryokoueda:20180515123723j:plain

  1. 一番大きいレギュラーサイズ
  2. ①の高さが半分になったハーフサイズ
  3. ①の奥行きが半分になった縦ハーフサイズ
  4. 更に半分になったクォーターサイズ

この4タイプがあれば汎用性高く様々な収納に対応できるので、我が家のあちこちにこのボックスが隠れています。お気に入りポイントをまとめると、

  • 用途が変わってもどこでも使いまわせて無駄がない
  • スタッキングできる
  • 汚れたら水洗いできる(つけ置き洗いに使ったことも!)
  • 耐薬品性の高いポリプロピレン製だから、食品や洗剤類を入れていても安心

でしょうか。なので何か収納ケースが欲しくなったら、家の中にあるこの4タイプのインボックスのどれかで対応できないかを、まずは検討します。サイズが合えばしばらく仮運用してみて、使い勝手が検証できたら買い足すようにしているため、失敗もありません。


私が最初に買った三年前は、アイボリーとダークブラウンの2色展開でしたが、今はなんと8色展開! 今だったら絶対「ホワイト」選ぶんだけどな……。ちょっと悔しい!



追記:
このシリーズの改善希望点をひとつ挙げるとするなら、フタがいまいちなこと……。フタごとカラーボックスに収納する前提なのでしょうが、ペラペラなので不安定。すぐズレたり内側に落ちたりするので、あまり使いやすいとは言えません。

なので私は、ホコリが溜まりやすい最上段のボックスのうち、内容量が少ないときはこのフタを載せ、ボックスの容量をやや超えるときは、手ぬぐいや風呂敷をかぶせるようにしています。

f:id:ryokoueda:20180516144243j:plain


個人的に、日本手ぬぐいが大好きで集めているので、手ぬぐいの数には困りません(笑)。
 

定番商品その2:スチールラック


キッチン収納にスチールラックを使うというアイデアは、カラーレスキッチンに引き続き、またしてもOURHOMEのEmiさんの本で知りました^^

夫が一人暮らししていた時に、テレビ台として使っていたスチールラック。引っ越し後に捨てるつもりでバラして束ねてあったのですが、この本がきっかけでリユースすることを思いついたんですよね。

高さを出すために、延伸ポールと棚板を買い足し。更に、インボックスをスライドしやすくしたり、家電を安定させるために、棚板の上にはすべてポリプロピレン製のシートを敷きました。

小物の落下防止になると同時に、もれなくホコリもたまりますが……。


スチールラックの活用についてもっと詳しく知りたい方には、Emiさんの「スチールラックのすごい収納」もおすすめです^^

「しなやかな収納」のまとめ

ニトリのインボックスも、スチールラックも、定番商品で揃えておけば、暮らしに合わせて柔軟に用途を変えていけるのが魅力的です。子どももどんどん成長して、毎年何かしらの変化がありますからね。

f:id:ryokoueda:20180515123732j:plain


普段はここまで片付いていませんが、せっかく収納を見直したので、記念写真的にパチリ!(笑)オーブンレンジが白くなったことで、前より圧迫感も減って見た目にも大満足。決して広くはありませんが、お気に入りの空間です。

ちなみにスチールラックの最下段のキャビネットには、ゴミ箱が3つ入っています。キャスターがついており、必要に応じて手前に引き出すことで、天面がカウンターとしても使えるスグレモノ^^ これはニトリの分別ペールカウンターです。


我が家で一番スッキリしているのは、このキッチン。他の部屋はまだまだですが、少しずつ足並みを揃えられるよう頑張ります……!


 キッチンのカラーレス化についてはこちらで詳しく!

この記事を書いた上田涼子のプロフィールも併せてどうぞ^^

子どもが白ご飯好きになる!天然だしガラで作る「簡単ふりかけ」

小さな子どもに白ご飯を食べさせるために、ふりかけを常備しているお宅は少なくないはず。我が家も例にもれず、4歳2歳の二人娘のために、毎晩ふりかけを使っています。なるべくシンプルな材料のものがいいなあと、自家製のゆかり(梅干しを漬けたあとの赤しそで作ります!)や、ごま塩を用意していたこともありました。

が、今はすっかり「だしガラふりかけ」がド定番です^^

f:id:ryokoueda:20180511162826j:plain

 

使うのは、昆布やカツオ節、しいたけなど「天然だし材料のみを使っただしパック」の、だしガラ。無意識に捨ててしまいがちなこのだしパック、実はまだまだツカえるんです!


【だしガラふりかけの作り方】

  1. 使い終わっただしパックをぎゅっと絞り、カラカラになるまで干しておく(※保存のためなので、すぐ作るならそのままでOK)
  2. 5,6パック貯まったら、まとめてパックをハサミで切る
  3. 鉄のフライパンに中身を開けて弱火にかけ、酒大さじ2、醤油大さじ2を加える
  4. 菜箸で絶えずかき混ぜ、焦がさないようにして、塩気を全体になじませる
  5. 水分が飛びサラサラになったら火を止める
  6. 粗熱がとれたら、砂糖大さじ1、白ごま大さじ1、青じそフレーク適量を混ぜて、出来上がり!


砂糖ではなく本みりんでも全然構わないのですが、ふりかけらしくサラサラに仕上げるには、最後に砂糖を混ぜる方が楽ちん(笑)。砂糖は甘藷糖・てんさい糖・きび砂糖など、風味豊かな茶色いものがおススメ^^



青じそフレークは、家で干した青じそを細かく砕いたもの。色も香りも良くとても重宝していますが、なければ青のりや、大根葉フレークなんかでも代用可能。緑が入っているとそれだけでとても食欲をそそるので、何か入れるようにしています^^
ちなみに冒頭の写真には、干したスギナがゲストでちょこっと入っています(笑)。

f:id:ryokoueda:20180323130011j:plain


そして使い続けるうえで、試してほしいのがこのふりかけボトル。たっぷり作ったストックは別の瓶に入れて、日々使う分をこのボトルに入れておくととってもスマート。毎回スプーンなどですくう必要もないですし、フタをとってささっとかけられるので快適です。しかも洗いやすい……!

f:id:ryokoueda:20180511162829j:plain

 

うちは基本的に毎日味噌汁を飲むので、その分だしパックもたくさん使います。そのすべてのだしガラを無駄にしていないわけではないですが、一部でもこうしてリユースできることは、とても気持ちがいいものです。娘たちも喜んで白ご飯を食べてくれていますしね^^


そしてふりかけに使うだしパックは、ぜひ塩や各種調味料・エキス類を含まず、素材の旨みのみでガチンコ勝負!!しているものを選んでくださいね。

以前取材でお話を伺い、このふりかけを作るきっかけをいただいたクックチャムプラスシーさんのやさしい出汁パックや、布ナプキンとバイオ洗剤のお店地球洗い隊さんのあご入り本物素材だしもおすすめです!
こういう商品の選択肢がたくさんあるって素晴らしい^^


▼天然だしパックがあれば、味噌玉づくりも簡単!

▼青じそや大根葉を干しておくと、ふりかけやおにぎりに便利です

このブログの中の人・上田涼子についてはこちらから^^

「利のない非効率」を減らして、豊かになれる時間を増やそう

発酵食や干し野菜を手作りしたり、野草を摘みに行ったり、一見手間のかかることを趣味にしている私。あの人は非効率でアナログなことが好きなんだね〜ヒマだね〜と遠い目で見ている人も少なからずいるでしょうが、あえて断言します。私、「利のない非効率」は、めちゃくちゃ嫌いです。


私が食や暮らしに関することに手間暇をかけるのは、それが「利のある非効率」だから。その「利=メリット、ベネフィット」を総合的に・中長期的に考えたとき、これは買うより自分で作った方が利が大きいな、と判断すれば非効率を選択しています。だから手作り系は、一度は作ってみることが多い。やってみないとわからないことが多いから。そしてやってみながら、

  1. 材料を揃える手間(常備してるかしてないか)
  2. 材料を揃えるコスト
  3. 仕込むのにかかる手間と時間の量
  4. 完成品はどれくらいの期間・回数使えるか
  5. 作り続けるとしたらどれくらいの頻度で作業が発生するのか
  6. その作業はやっていて楽しいか
  7. 市販のものより美味しい・安全性が高い・安いか


この辺を、実はかなりシビアにチェックしています。その結果「これは買った方が効率的だな〜」と思ったら、あっさり作ることを放棄します。特に重視しているのは4の完成後それを楽しめる期間や回数。私がお菓子をほとんど作らないのは、手間暇かけて作っても一瞬で食べきってしまうから(笑)。一概に比較はできませんが、お菓子作るんだったら、同じ時間で夕飯3回分食べられるおかずを作り置きするほうが、私的に満足度が高いものでして^^

そんな「利のある非効率」を楽しむことこそが、このブログのタイトルでもあり、私が目指している【スマートナチュラルな暮らし】なのです……!

 

f:id:ryokoueda:20180323130011j:plain


と、思わず熱く語ってしまったのは、基本的に私はとっっっても面倒くさがりだからです。利のない非効率を受け入れるほど、マメな性格じゃありません。なのでパソコン作業など「効率化に百利あって一害なし」みたいなジャンルに関しては、かなり効率化を意識していますし、クライアントさんにそういったノウハウをお伝えすることも多いです。自分でも調べるし、私以上に効率化好きな夫に、あれこれ教えてもらうことも。


ですが、やっぱり上には上がいるし、興味があるからこそアップデートすることは大事!! そんな風に思ったのは、効率化の鬼ことプロブロガー・ヨスさんの「効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術」を読んだから。

ヨスさんのことは、少し前からツイッターなどでお名前を知っていたくらい。あ、最近本出されたんだな……効率化ノウハウか、ちょっと気になるな〜と思っていた矢先に、関西美活代表のブロガー田中美帆ちゃんから「大阪で出版記念セミナー主催するよ!」とのお知らせが。ハイ、こういうのはタイミングが命。ピンと来たならノッておいて損はない!

娘たちの子守を親にお願いできた時点でセミナーに申し込み、本もポチッと。届いてからは数時間で一気に読破しましたが、私はもう本を片手に持ったまま、その場で何度もMacbookの設定変更をしましたよ。だって後から改めてやる方が、断然非効率だもの。

f:id:ryokoueda:20180508161959j:plain

 

じゃーーん。この写真でわかる変更点は

  1. Dockを下端から左端に変更!
  2. ブラウザをFirefoxからChromeに変更!
  3. 日本語入力をデフォルトからGoogle日本語入力に変更!

ですかね。他にもスタートアップ設定でブラウザを開くようにしたり、使いこなしたいショートカットをEvernoteにメモしたり……。知ってることと、知らなかったことの割合は、ちょうど半々くらいだったかな。


ショートカットの中で特に「!!!!」と思ったのが、コピペするときの文字装飾を無効化できる「Command + Shift + V」……!

f:id:ryokoueda:20180508150034j:plain


そんなにしょっちゅうあるわけではないので、テキストエディタやブログのHTML編集タブに一旦貼り付けてましたが、これからは一発でできると思うと地味に嬉しいぞ……!!


この本は会社員さんを対象にしているためか、本文の中ではWindowsでの操作が解説されてます。が、ヨスさん自身が「両刀使い」なので、上↑の写真のような感じで巻末にMac用の解説が載っています。ページを往復するのがちょっと大変だったので、欲を言えば本文中に枠線表示とかで載せてほしかったですが……!


いやーーヨスさんも本文中に書かれていますが、「もっと作業を効率化させられないか?を考えるクセをつけること」って、本当に大事。私のような「利のある非効率」に時間を使いたい人ほど、利のない非効率をできるだけ排除するべきなんですよね。誰にとっても時間は有限なんですから^^

 


パソコン作業苦手〜〜!ってアナログな人はもちろん、私みたいにわりと得意で自分であれこれ工夫してるよ!って中級者さんまで、幅広くお役立ちな「光速パソコン仕事術」。私は5/18に、生ヨスさんに会いに行きますので、ご都合の良い方はご一緒しましょう〜^^ 香川在住のヨスさんに、大阪で会える貴重な機会ですよ♡

  



【光速パソコン仕事術・勝手におまけノウハウ】

以下はヨスさんの本を読んで、「Google日本語入力に切り替えたのはいいけど、今までMacで使っていたユーザー辞書は、どうやったらGoogle側に引き継げるの??」という、ある意味マニアックな悩みにぶつかった人(←これ私)向けのノウハウ解説です。必要でない方はさらっと読み飛ばしてください^^

私は既にMacのデフォルトのユーザー辞書に、300語くらい登録していたので、これを看過するなんて非効率なことはできませぬ……!


【ユーザー辞書をエクスポートし、Googleにインポートする方法】

  1. システム環境設定 → キーボード → ユーザー辞書 を開く
  2. 辞書を全選択(Command + A)して、デスクトップにドラッグすると「ユーザー辞書.plist」というファイルが作成される
  3. 「.plist」のままではGoogleにインポートできないので、【U-Dict 1.2】(.plist → .txt 変換ツール)をダウンロードする
  4. 【U-Dict 1.2】 を開き、「これらをここにドラッグ」のアイコンに、2で作成した「ユーザー辞書.plist」をドラッグする
  5. 保存画面(Command + S)で「標準テキスト(.txt)」を選び、デスクトップに保存すると「ユーザー辞書.txt」が作成される
  6. (必要な方のみ下記の置換作業↓をここで挟む)
  7. Google日本語入力の設定画面から「辞書ツール」を選ぶ
  8. 管理 → 新規辞書にインポート → ファイル選択、で5で作成した「ユーザー辞書.txt」を選択 → インポート、で辞書の引き継ぎ完了!

 

と、これでスムーズにいく方はいいのですが、実は私の場合、もうひとつハードルが……。それが辞書内に大量に保存していた <br /> や <div align="center"> </div> といったHTMLコード!!

この < > が、上↑に書いた方法だけだと &lt; や &gt; に文字化けしてしまうんですよね。なので……


【文字化けを元の記号に置換する方法】

  1. 上記の5で作成した「ユーザー辞書.txt」を開く
  2. その中身を全選択してGoogleドキュメントやWordにペーストする
    またはヨスさんおすすめのテキストエディタ【CotEditor】で1を開く
  3. 編集 → 検索と置換 から &lt; を < に、&gt; を > に「すべて置換」する
    【CotEditor】の場合は検索 → 検索 、から「すべて置換」が可能
  4. GoogleドキュメントやWordの場合は置換したものを全選択して、「ユーザー辞書.txt」に上書きする
    【CotEditor】の場合はそのまま上書き保存

という作業をプラスオンしてください。私の場合、文字化けしたのは < > だけでしたが、もし他にもあれば同じ手順で置換可能です。

いや〜〜わりと面倒でしたが、この一度の作業で300語の単語登録が今まで通り使えるなら、お安いものです^^ もしかすると、この作業自体もっと効率化できるかもしれませんけど(笑)。

 


 

今回ヨスさんの本を読んで試したノウハウが、どれくらい効果を発揮してくれるかは、これからの作業の中で実感がわいてくるはず。でも私は現時点で、相当満足してますよ。だってこのブログ記事、もうChrome + Google日本語入力 + 新しい単語登録、を駆使して効率的に書いてますから^^♡


▼「SNS文章術」も、発信している人に大人気でした!

▼スキマ時間を効率化したい人におすすめなワイヤレス片耳イヤホン

▼家電の操作を効率化!これからの季節、家に帰った時に部屋が涼しいと嬉しい^^ 

このブログの中の人・上田涼子についてはこちらから^^

お義父さんに教えてもらった、ニホンミツバチとそのはちみつのこと。

f:id:ryokoueda:20180505110634j:plain


ゴールデンウィーク恒例、飛騨高山の義実家への帰省。その最終日のよく晴れた午前中に、お義父さんが飼っているニホンミツバチが「分蜂(ぶんぽう)」しました。(引用文のすぐ下に虫の密集画像が出てきます。苦手な方は半目でスルーしてください!)

分蜂とは、ニホンミツバチの群れが、1群れから2群れに分かれることを言います。分蜂の読み方は、「ぶんぽう」です。分封とも書きます。

春になると、新しい女王蜂が生まれます。すると、その母親の女王蜂は、働き蜂の約半数を連れて巣を飛び出し、新たな場所に巣を作ります。母親が家を出て行くのです。

週末養蜂家のニホンミツバチのおいしいはちみつより)


分蜂は養蜂における一大イベント! いつ始まるかと、お義父さんは連休中ずーっと巣箱に目を光らせてました。

f:id:ryokoueda:20180505110640j:plain


小さなミツバチ達が巣箱からあれよあれよと飛び出して、木の幹に大きな塊となって集まっていく様はとても見事で、自然の営みってすごいなぁと毎度感動せずにはいられません。

このミツバチの塊を虫取り網を使って捕獲し、うまく新しい巣箱に誘導するまでが、お義父さんの腕の見せ所です^^

ニホンミツバチとセイヨウミツバチの違い

ニホンミツバチ(ヤマトミツバチ)は、名前の通り日本の在来種のミツバチです。一般的に飼育されているセイヨウミツバチよりひと回り小さく、気性は穏やか。見た目はセイヨウミツバチが黄色っぽいのに対して、ちょっと黒っぽい。野生のものなので、養蜂していても環境が気に入らなければ巣を捨てて出て行ってしまうくらい、デリケートな一面もあります。

f:id:ryokoueda:20180505110638j:plain

ニホンミツバチが集める蜜の量は、セイヨウミツバチの5分の1〜6分の1程度。ある意味とても効率が悪いので「産業としては成立しづらい」。それが、このニホンミツバチのはちみつが、一般市場にほとんど出回らず「幻のはちみつ」と言われる理由のひとつめです。

国内で流通するはちみつのうち、93%は外国産。残り7%の国産はちみつのうち、ニホンミツバチのはちみつは1%未満なのだそう。その希少さと、手間の多さもあり、ニホンミツバチのはちみつにはセイヨウミツバチの国産・純粋はちみつの2倍〜5倍の高い値段がつけられています。

お義父さんがニホンミツバチの養蜂を始めたわけ

そんな貴重なニホンミツバチを、定年退職の少し前から趣味で飼い始めたお義父さん。今では「ハチ先生」として地元の新聞に載ったり、わざわざ県外から養蜂を学びに来る人が現れるほどになりました。でも、あくまでどれもボランティア。商売っ気のないお義父さんは、出来上がったはちみつを積極的に売ることもなく、身近な人たちにおすそ分けしてばかり(笑)。

お義父さんが養蜂を始めたのは、老後の楽しみというのもあるけれど、「山を守るため」。ミツバチの数が増えて花の受粉を助けてくれると、山に実りが増えてクマなどの動物が山を降りてくる必要がなくなるから、だそう。

f:id:ryokoueda:20180505110643j:plain
(中央の黒っぽい塊が、分蜂のために巣箱から出てきたニホンミツバチの集団)


なぜ里山からミツバチが減ったのか、そしてそれが農業や環境にどう影響するのか……。このテーマはまだまだ論争が続いているようですが、一番有名なのはこの本ですかね。
 

こういう本を読むと、生態系がいかに絶妙なバランスで成り立っていて、何かひとつの種が急激に増えたり減ったりすることが、どれだけ深刻な問題に発展するのかをしみじみと考えさせられます……。

ニホンミツバチのはちみつ 

f:id:ryokoueda:20180505110637j:plain

セイヨウミツバチは長方形のフレームの内側に規則正しく巣を作るので、フレームを取り出して遠心分離機に掛ければ効率的に採蜜ができますが、ニホンミツバチの場合そうはいきません。こういう巣箱のなかに有機的に巣を作るので、壊さないように巣を取り出し、それを丁寧に手で砕いて、何度も濾過して蜜を集めなければなりません。とても手間のかかる作業です。

f:id:ryokoueda:20180505162109j:plain


でもね、そうして集められたニホンミツバチのはちみつは、本当に美味しい……!ニホンミツバチのはちみつは「レンゲ蜜」「アカシア蜜」のように特定の花を蜜源にしていません。様々な花の蜜を、シーズン通して少しずつ集めて作られているので「百花蜜(ひゃっかみつ)」と呼ばれます。複雑で奥深い味わいなのに、ミントのような爽やかさもあって、一度食べると虜になってしまう人、続出!!


天然・純粋・非加熱・未精製なはちみつには、花粉や蜜蝋などたくさんの「不純物」が混ざっています。そして、放っておくとすぐに結晶化したり発酵したりします。

f:id:ryokoueda:20180506130026j:image

白っぽく濁ったり表面が泡立ったり、ガスの発生によって密閉容器が割れてしまうこともあります。それも酵素が生きているからこそなのですが、そういった事情を知らない人からは「変質した」とクレームになる恐れも……。これがニホンミツバチに限らず、非加熱の生はちみつが市場に流通しにくいもうひとつの理由です。

「品質を安定させる」ためには、精製して不純物を取り除いたり、加熱処理して酵素を失活させる必要があるんですよね。これははちみつだけでなく、市販の発酵食品全般に言えることですけれど。

もし非加熱の生はちみつを手に入れる機会がありましたら、見た目が変わっても絶対に捨てたりしないでください! 非加熱のはちみつは3000年経っても腐りませんから^^


ニホンミツバチの養蜂家さん応援の気持ちを込めて、ネットで買えるものをいくつか貼っておきます♡

はちみつの使い方、いろいろ

ではこの貴重なはちみつをどう使うか。砂糖やみりんの代わりに普段のお料理に使うことももちろん可能ですが、私はなるべく非加熱で、ビタミンやミネラルをそのままいただけるときに使うようにしています。ちなみにはちみつはとても焦げやすいので、焼き菓子などで使う場合は、焼き時間や温度など微調整してくださいね。


そしてはちみつは単に味わうだけでなく、医薬品や健康食品としても素晴らしい効能があるということを、私はこの本に教えてもらいました。この「はちみつを常備するのは、家にちょっとした薬局があるのに等しい」というキャッチコピーにまんまとハートとを射止められた私。前から前田京子さんの著書のファンなので、良いんですけど^^

 

マヌカハニーの台頭で、一躍知られるようになったはちみつの薬効。その他にもスキンケアや歯磨きや軟膏や胃薬など、数多くの使い方が本のなかで詳しく紹介されています。なかには「目薬として点眼する」なんて驚きの使い方まで……!! 勇気がなくまだ試せていませんが、うん、実験好きな私はきっといつかやりそうだ(笑)。ちなみに私の友人が、この本を読んで実際に試したレポ記事はこちら

この本を読んで、はちみつに対する認識が大きく変わりましたし、養蜂に取り組むお義父さんへのリスペクトがますます強くなりました。毎年5,6kgもの生はちみつをいただくので、家族の健康に役立つ賢い使い方を、より考えるようにもなりました。


ちなみに我が家で頻出する使い方は、

  • 自家製豆乳ヨーグルトのトッピングに
  • 季節の果物と混ぜて「発酵生ジャム」に
  • モリンガの粉末とまぜて抹茶風シロップに
  • グリセリンの代わりに、手作り化粧水の保湿剤に
  • 体調を崩したときや暑いときに「手作りイオン水」
  • 喉が痛いときに、スプーンで直接舐める!
  • 大事な仕事の日の朝に、キャリアオイルと混ぜて「フェイスパック」に
  • 自家製豆乳ヨーグルトの種菌づくりに

あたりでしょうか。
そうそう、豊富なビタミンやミネラルを含み、かつ腐らない・傷まないはちみつは非常食にもぴったり。即効性のあるエネルギー源になるので、いざとなったらすぐ持ち出せるよう、手前味噌と共に備蓄チェックリストに入れてあります^^

ちなみに、時々いただく蜜蝋(みつろう)は、軟膏やクリーム作りの基材に使わせてもらっています。

 

はちみつを使ううえでの注意点

これはもう、ハチの種類や加工方法に関係なくですが、一歳未満のお子さまには「はちみつを与えないでください」……! 母親学級などでなんとなく聞いたことがある方は多いかと思いますが、

  • なにがどういけないのか?
  • 加熱してもダメなのか?
  • はちみつ以外に「同じ理由で避けるべき食材」は?

については、臨床検査技師で女性の健康を守るプロでもある、笛吹和代さんのこちらの記事↓がとてもわかりやすいです。「はちみつを乳児に与えてはいけない」ことは私も以前から知っていましたが、この記事を読んで知識を深めることができました。

乳児に関わる人は知っておきたい乳児ボツリヌス症womanlifestagesupport.wordpress.com
「ナチュラルでヘルシー」なイメージのはちみつですが、同時に乳児の命を奪う危険性もあるということを、しっかり周知しておかないといけませんね……。

 

おわりに

高山滞在中に分蜂を見たことをきっかけに、ニホンミツバチやそのはちみつについてだだーーっと書いてみました。日本にはニホンミツバチって野生のハチがいるらしい、そのはちみつは諸事情であまり流通しないけど、美味しいらしい……ってことを知ってもらえたらいいな。


そしてこれからはちみつを選ぶときは、是非

  • 天然・純粋:水飴などを加糖していないもの、添加物の入っていないもの
  • 非加熱:酵素が活きているもの、煮詰めて人工的に糖度をあげていないもの
  • 未精製:花粉や蜜蝋由来の風味や栄養素が残っているもの

といった表示があるものを探してみてください! お値段は安くないですが、そのぶん「単なる甘味料としてだけではない使い方」が楽しめますよ〜^^

 

▼生はちみつがあれば、豆乳ヨーグルトの種菌も起こせます^^

▼養蜂以外の、生態系を守る意外な方法

▼今回の帰省ですっかりハマってしまった野草の魅力!

▽ニホンミツバチやその養蜂について興味があれば、こちら!
週末養蜂家のニホンミツバチのおいしいはちみつ

このブログの中の人・上田涼子についてはこちらから^^ 

ドラム式洗濯機の糸くずフィルター掃除を2分で終わらせる時短アイテム

f:id:ryokoueda:20180215123432j:image

 

我が家は5年前からドラム式洗濯乾燥機を使ってます。ドラム式は乾燥機能が優秀なので、干さない&畳まない派の私にはとても合っているのですが、ひとつ面倒なのは「糸くずフィルター(糸くずカゴ)」の掃除……。乾燥フィルターのゴミはさっと指でつまんで捨てられますが、糸くずフィルターはゴミがヘドロ状になっているし、ニオイも気になりますよねぇ。

そんな糸くずフィルターの掃除を、半分以下の手間で終わらせてくれるのがゴミ取りフィルター!!
前は30枚入りまでしかなかったけど、少し前に買おうとして調べたら45枚入りが出てました!更にお得になっててちょっと嬉しい^^

 

粗くて厚めの不織布?で出来ていて、これを写真のように糸くずフィルターにふわっとセットするだけ。

 

f:id:ryokoueda:20180215123522j:image

 

機種やメーカーの指定はなく、サイズが合わなければはさみでカットすればいいそう。うちはSANYOのES-V530って機種ですが、カットせずに使えてます。ちなみに同梱されているフィルターを固定するためのマジックテープは一度も使ったことがありません……。

 

このゴミ取りフィルターをつけている時点で「目を詰まらせている」ことになるので、掃除のアラートが鳴る頻度は上がりますが、掃除そのものは2分くらいで終わるので、超時短!! 最近は毎週末に掃除をするのが習慣になりました。放っておくと留守中にエラーが出て洗濯が止まっていた……なんて悲劇も起こりますからねぇ。


見た目が美しくないので写真は割愛しますが(笑)、フィルターをべりっと剥がせば8割くらいのゴミが取れます。少し残ったゴミも、洗面台に水を張ってこすればすぐに落ちるので、あとは外したフィルターと洗面台のヘアキャッチャーに引っかかったゴミをポリ袋に入れて掃除完了♪

フィルターなしだと、一回の掃除に10分以上掛かってた気がするな。こびりついてなかなか取れないので、結構イラッとしながらやってたっけ。笑
このストレスから解放してくれるゴミ取りフィルター、我が家はもうマストです^^

 

 

 

▼水仕事をするときは、ハンドケアのチャンス!

このブログの中の人・上田涼子についてはこちらから^^

野草の魅力にどっぷりハマった、飛騨高山に帰省中の日々徒然。

f:id:ryokoueda:20180503221630j:plain


結婚生活8年目、毎年ゴールデンウィークは夫の故郷である飛騨高山に帰省しています。市街地育ちの反動か、物心ついた頃から田舎暮らしに憧れがあった私にとって、飛騨高山とご縁ができたことは、「結婚してよかったこと」のうちのひとつ。


例年通り今まさに高山にいるわけですが、今年はやたらと「野草」が気になって仕方がありません。これまでもお義母さんと一緒にヨモギ(飛騨ではモチグサと呼びます^^)を摘んだり、野草酵素や松葉ソーダを仕込んだりと、ちょこちょこ草遊びを楽しんできてはいました。が、今年は「4歳になった長女に、植物や野草に興味を持ってもらえたらいいな〜」という親のエゴがきっかけで、自分にスイッチが入ってしまいました……!

長女は食べることも料理も大好きだし、好奇心もとても旺盛なので、ハハの色々な提案に今のところ興味を示してくれています。まず手始めに、ポケット植物図鑑を一冊プレゼント。高山帰省は、大阪ではなかなかお目にかかれない草木に出会える絶好のチャンスなので、これを逃す手はありません。

この新書サイズの図鑑、字は小さいですが漢字にはすべてフリガナがふってあるので、4歳児でも楽しめています。

f:id:ryokoueda:20180503095426j:plain

 

高山に着いた翌日から、義実家の裏山に長女を連れ出して野草探しに興じる私。すぐに入手できたのは、ヨモギとつくしとフキでした。食べたことはあっても、自分で採取〜下ごしらえ〜調理をするのは私も初めて。iPhoneで色んなレシピを検索しつつ、長女に一部の作業を手伝ってもらいつつ、

を作ってみました。義両親は三品とも食べてくれたものの、長女が好んだのはヨモギだんごだけ(笑)。4歳児の口には合わなくても、ただの草むらに見えているなかに食べられる草があることを知り、調理する過程を面白がってくれたなら、今回のミッションは成功かな〜^^

f:id:ryokoueda:20180501231250j:plain

 

なーんて殊勝なことを思っているうちに、野草の魅力にどっぷりハマってしまったのは、娘ではなく私! ヒマがあれば野草の探し方や、野草マニアによるレシピをあれこれ読みふけって時間が過ぎていく、なんとも平和なゴールデンウィーク(笑)。

そんな時間を過ごしつつ脳裏に浮かんできたのは、Facebookグループ野草部の部長で、友人でもあるニシカワヒサコさんが以前教えてくれた、あなたに必要なものはあなたの庭に生えるという香川県の言い伝え。

発酵食を手作りしていると「健やかに生きていくために必要な菌って、目に見えないだけで実は身の回りに既にあるんだな」ってことに体感として気づけるんですが、菌も野草も、つまるところ「身土不二」なのだなぁ……。

【身土不二(シンドフジ)】

人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え方で、明治時代に石塚左玄らが唱えた。

コトバンクより)


今まで見過ごしてきた身近な野草に目を向ければ、生きるために必要なものはそこに揃っているのかもしれない。そう思うと、草むらはもはや肥沃な食料庫にしか見えなくなるから不思議。特にこのフキで作った「ほろにが蕗ご飯」は想像以上に美味しくて、大阪に帰る日の朝にまた採りにいくこと決定!

f:id:ryokoueda:20180501231254j:plain

 

一方、ノビルかなと思って摘んできた草は、後からアサツキだったこと判明。じゃあノビルはどれだ??と少し離れた場所を探したら、こちらもあっさり見つかりました! 思い立ったらいつでも野草探索にいける飛騨高山、初心者には最高です(笑)。

f:id:ryokoueda:20180502192031j:plain


写真は左がノビルで右がアサツキ。私も覚えたての見分け方は、

  • 左:ノビル(野蒜)
    葉はひょろひょろと少しカールしている
    根元が小さな玉ねぎのように丸く膨らんでいる
    根が強く、シャベルがないとなかなか抜けない
    しっかりと太い根が、数え切れるほどの本数 
  • 右:アサツキ(浅葱)
    葉は直立ストレート
    根元はやや膨らんでいるが、スマートでラッキョウっぽい
    手で簡単に引っこ抜ける
    糸のように細い根が無数に生えている 


ざっくりこんな感じみたいですね。どちらのネギやニラの仲間なので、使い方がイメージしやすいのもいいところ。

今回アサツキは刻んで味噌汁と焼きそばに入れました。ノビルの緑の葉はチヂミにし、白くて丸い根っこのところは他の野菜と一緒にお馴染みのグリルパンでローストしていただきました。どれも美味しく出来て、大満足!!
(義実家のキッチンでドタバタ作って食べたので、全然写真が撮れませんでしたが……)

 

f:id:ryokoueda:20180501231301j:plain


そんな魅力たっぷりな野草ですが、気をつけないといけないのは「毒草」の存在。山菜やきのこの誤食事故って、毎年ニュースになりますもんね……。毒は量と使い方次第で薬になったりもしますが、素人が手を出すべきではないのは確か。今はとりあえずこの本を読んで「間違いやすい毒草の存在を知る」ことから始めてみています。

ちょっと個性的なエッセイ風の文章がベース。図鑑を眺めるだけでは頭に入りにくい、情報にストーリー性が欲しい人にはおすすめです^^


大阪に帰るまで、あと二日。その間に、どれだけの種類の「食べられる野草」に出会えるかなぁ……。幾つか探してみたい野草があるので、また明日も裏山を歩いてみようと思います!



▼ノビルの根っこも野菜も、グリルパンで焼けば絶品に。▽IN YOUの野草を食べる意義、初心者向け調理方法のまとめ記事▽全国の野草マニアが集うFacebookグループ2つ!

 

このブログの中の人・上田涼子についてはこちらから^^